働くことの魅力って何だろう?
健康業界や整体業界、当社に興味のある方に役立つ情報が満載の
メールマガジンを配信しています。

お名前

メールアドレス

健康コラム

睡眠の効果入浴の効果

入浴の効果

(1)温熱効果

入浴で体を温めると、体内の酸素や栄養素が血液によってスムーズに内臓や筋肉に運ばれ、老廃物の排泄作用が促され、血液がきれいになります。血液がサラサラになり循環がよくなると、内臓の働きもよくなり、疲労回復・美肌・病気の予防につながります。

体に痛みがある時は、酸素や栄養素をスムーズに筋肉に送り、疲労物質等の老廃物をいち早くからだの外に出すことが、早期回復につながります。

入浴で血液を循環させることは、早く症状を回復させるためには大切です。

(2)水圧効果

家庭の深めの浴槽に入った場合、体にかかる水圧は約500㎏。肩までお湯につかった場合、胸囲が2~3㎝、腹囲が3~5㎝、ふくらはぎは1㎝も縮みます。

ふくらはぎは、血液を送り出すポンプの役割をしていると言われているので、サウナより水圧効果のあるお風呂で体を温めた方がより効果的です。

むくみや冷えにも効果的です。

(3)浮力効果

湯船につかると、浮力によって体重は約十分の一になると言われています。

湯船の中では、普段体を支えている関節や筋肉への負担が軽減されるため、痛みを伴わずに体を動かせることもあります。お風呂に入るとフワッとするあの感覚が、筋肉の力が抜けた、心身ともにリラックスした良い状態ということです。

(4)温度

ぬるめのお湯にゆっくりつかると、神経の緊張をほぐす副交感神経の働きが高まってリラックスします。グッスリ眠りたい夜には最適な入浴法です。

理想のお湯の温度は、38~41度くらい。
自分の体温に4度足した温度が適温ともいわれています。

42℃以上の高温は身体に良くありません。
高温のお風呂に入ると、血圧が高くなり、血栓ができやすくなるというデメリットがあります。また熱いお湯に短時間入るのでは、交感神経が刺激されリラックスしにくくなります。お湯で温まると皮膚の毛穴が開き、ホコリや皮脂などの汚れが落ちやすくなります。

(5)時間

理想の入浴時間は、20分前後。目安は額が汗ばむ程度です。

短時間だと、体の表面だけが温まり体の芯まで温まりません。
血行を良くするためには、体の芯まで温まる必要があるので、じんわり汗をかくくらい、ゆっくりお風呂につかるといいです。

睡眠の効果

(1)休息効果

睡眠には、1日の疲れがたまった心身を修復する役割があります。昼間に活発に働く大脳は、眠りによって休息します。
また、体内の細胞分裂が盛んになったり、免疫細胞が体内を点検しているのも眠っている間です。

このようなメンテナンス作業が睡眠不足によって滞ると、疲れがたまり、 集中力がなくなり、病気への抵抗力が弱くなってしまうのです。

現代社会においては、テレビ、パソコン、ゲームなど氾濫する視覚情報、 煩雑な人間関係、不規則な生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど、 交感神経を優位にさせるストレス、緊張が多くなっています。

その結果、自律神経が均衡を失い、自律神経失調症をはじめ、様々な 不調を引き起こす原因になっています。

(2)回復効果

睡眠には「休息」の目的のほかに「回復」の目的があります。

疲労した内臓器官の調整、傷ついた筋肉の修復、骨の強化成長などは、 すべて睡眠時に副交感神経が優位に働くことによっておこなわれます。

ですから、副交感神経を優位に働かせて、覚醒時に活発に働いていた 脳や交感神経を十分に休ませる「質の高い睡眠」をとる事で、内蔵や筋肉や 骨などの体の各所を回復させる必要があります。

人間は、健康な状態で社会生活を営むために交感神経と副交感神経の 働きのバランスが取れていることが重要になります。

人間の体は1日単位で考えると、体全体の細胞の20%にあたる 10兆個超の細胞が毎日新しい細胞に生まれ変わっていますが、 それも副交感神経が優位に働いている状態で深い睡眠が取れていることが 前提となります。

大切なのは副交感神経を優位に働かせて、深い睡眠をとる。
日々仕事に追われるタフな環境にあっても、質の良い睡眠さえ出来ていれば、 たいした不調も無く活動することが出来ます。

(3)睡眠にベストな時間と環境湿度温度

睡眠に費やす時間は私たちの人生の3分の1に及びます。睡眠時間は 7時間でかつ体内時計を考えると午前0時までに寝るのが理想です。

夏の室温は25℃、冬は10~15℃、湿度は50%が良いとされています。

これらの温度より約3℃、冷房は高め、暖房は低めに設定します。

また、布団の中の温度は33℃、湿度は50%が良いとされています。

人は眠っている間に寝返りを打ったり布団の中で丸くなったりして、 布団の中の湿度を調節しているのです。

(4)その他の効果

一般的には、眠っている間に記憶を固定させたり、筋肉をリラックスさせる 効果が知られています。嫌なことや悲しいことが あったときは、意識をして 良いイメージを抱きながら眠りにつくと物事を良い方向へ導くのに効果的です。

すべてが順調にいっている時期とか、楽しい日々を送っているときは、 睡眠時間が短くても平気で、逆に何日も続けてストレスを受けていると、 いくら寝ても寝たりないと感じたりします。